子育ての疲れを癒すための3つのリフレッシュ方法とは!?

子育てはよく「大変だ!大変だ!」と言いますが、実際に子育てをしていると本当にその大変さが身に染みて分かります。「こんなにも大変なのか…。」と思うことばかりです。

子供が一人でも大変なのに、二人、三人といるともう大変を通り越してしまいますよね。そんな子育てをがんばっているママ必見の実際に私が行っている子育ての疲れを癒すための3つのリフレッシュ方法をご紹介します。

① 日々の中で自分の時間を作ってリフレッシュ!

子育て中は、本当にびっくりするくらい自分の時間が全くと言っていい程ありません。独身時代の自分の時間を満喫していた頃が、どこか懐かしくうらやましくも思えてきますよね。

子供と過ごす時間はもちろん大切な時間ですが、1日中べったりだとやはり疲れがたまってきてしまいます。そこで私は、日々の中で少しの時間でも自分の時間を作り、リフレッシュするように心掛けています。

例えば、主人が子供をお風呂に入れてくれた日は、自分ひとりでゆっくりと湯船につかりリフレッシュを行うようにしています。子育て中はなかなか自分にお金をかけることもできないですし、時間もかけることができません。

ですので、お風呂の中でセルフマッサージを行って、あたかもマッサージを受けてきたかのようなリラックスした気持ちで疲れを癒しています。

また、自分で子供をお風呂に入れた場合には、入浴中に自分の時間を作ることが難しいため、ハミガキの時間やトイレのわずかな時間を利用して自分の時間を作るようにしています。

ハミガキをしながら「今日も1日がんばったな~。」と自分で自分を褒めてあげたりもしています。

② あえて子供と思いっきり遊んでリフレッシュ!

子育てを行っていると、子供のためにいろいろと動くことはあっても、自分自身のために運動する機会が本当に少なくなったように思えます。運動をしなくなった分、悲しいことに体重もそれに比例してだいぶ多くなってしまいました…。

そこで、リフレッシュも兼ねてたまに行っている方法が、あえて子供と思いっきり遊んでリフレッシュするという方法です。運動することで、凝り固まった体をほぐすことができますし、リフレッシュに繋がります。

また、子供と一緒なので楽しい時間を過ごすことができます。例えば、外に出て公園などでボール遊びを思いっきり楽しんでみたり、時にはシャボン玉を追いかけながら思いっきり遊んでリフレッシュしています。

そのような時間を過ごすことで、子供も外で遊ぶ楽しさを知るきっかけにもなりますし、笑顔で過ごす時間が多くなります。自分自身も日頃の子育ての疲れを忘れ、童心に返って思いっきり遊んで気持ちをリフレッシュさせることができます。

これは家の中でも家の外でもどちらでも行うことができる方法なので、あえて体を動かしてみるという方法もおすすめです。

③ 旦那さんがお休みの時は一人で出かけてリフレッシュ!

子育て中は、常に子供とつきっきりの状態なのでなかなか自分一人だけでお出かけをする機会ってありませんよね。

ゆっくりと買い物したいけど、子供が一緒だとできないし「あれも欲しい!これも欲しい!」とおねだりが始まってしまうのでそそくさと買い物を済ませるなんてこともあると思います。

そこで、旦那さんがお休みの時には少しの時間でもいいので、一人で出かけてリフレッシュを行っています。場所もわざわざ大型ショッピングモールに行くのではなく、近所のコンビニやスーパー、ドラッグストアにフラっとなんとなくお出かけする程度で十分リフレッシュの効果があります。

どこに行ったかではなく、一人でお出かけをするということが重要なポイントになります。今まで飲んだことがなかった飲み物を発見して、その瞬間「これなんだろう!?」と手に取ってみたりしますよね。

その瞬間は子供のことを一切考えずに、不思議と手に取った飲み物に集中しています。少しでも子供以外のことに目を向けることができれば、リフレッシュに繋がります。

一人だけで出かけることに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、子育への疲れをためこんで子供に当たっては大変です。そうなる前に、旦那さんがお休みの時にはたまに一人でお出かけしてみてくださいね。

【最後に!】

子育ては、本当に大変なことばかりです。「あれもやらなきゃ!これもやらなきゃ!」と、やらなきゃいけないことが山のようにあります。

それを完璧にこなそうとすると、体もそうですが心もかなりしんどくなってしまいます。リフレッシュを上手に取り入れながら、無理なく子育てを行っていきたいものです。

私自身、初めての子育てで右も左も分からずに日々一生懸命でした。ですが、毎日の生活にリフレッシュを取り入れないと「このままじゃマズい…!」と感じることが多かったです。

リフレッシュ方法も、無理なく行えるものばかりなのでぜひ毎日の生活に取り入れてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする