子育て中の寝かしつけでイライラしない3つの解決法!

子育てをしていると、子どものお世話でお母さんは休む間もなく疲れも溜まりがちです。極めつけに、夜になると子どもの寝かしつけで子どもがなかなか寝てくれず、イライラが止まらなかったり、余計疲れてしまうお母さんも多いのではないでしょうか。

2歳、3歳になるとイヤイヤ期にも入り、パワーも増してくるので、赤ちゃんの頃の寝不足の寝かしつけとはまた違ったストレスがお母さんにのしかかってきます。

イライラして子どもも寝てくれず寝不足になったという経験もあるのではないでしょうか。そのような普段イライラしてしまう子どもの寝かしつけを、イライラしないで寝かしつけることができる3つの解決法をご紹介させていただきます。

① 寝る前の行動を習慣化しよう

時計も読めない小さな子どもにとって、目が覚めている間は遊びたいときは遊びたいし、時間は関係ありません。そのため、寝る時間が近づいてきているということを小さな子どもでも分かるように寝る前の行動を習慣化し、生活リズムを整えてあげると良いでしょう。

次の行動はどうするか、分かるようにしてあげることが大切だと言えます。毎日、寝る時間になってお母さんがイライラしながら早く寝なさいと急に言っても、子どもたちは急に対応できず目が覚めていれば遊びたくなってしまうでしょう。

眠くても、遊びの欲求に耐え切れず、おもちゃがあれば興奮して目が覚めてしまうこともあるかもしれません。

そこで例えば、毎日お風呂に入って、歯を磨いて、絵本を読み聞かせて、絵本を読み終えたら寝るという習慣をつけておけば、子どもも、次は歯磨きで絵本読んで次は寝る準備であるなど次何をすべきかがだんだんと分かってきます。

毎日決まったことを習慣化することで、子どもの中でリズムも整い、寝る時間になれば眠りにつきやすくなるでしょう。時計が読めない小さな子どもでも、次の行動を読めることで眠りまで誘うようにすると良いでしょう。

② 部屋を暗くして静かにしよう

寝るときには、起きていても部屋を暗くして静かにしてみましょう。そうすると、今まで騒いでおり賑やかだった家の中が静まり返り外も静かなことに気がつくでしょう。

夜になると、子どもが起きて騒いでいる間は分かりにくいですが、静かにしてみると周囲の静けさにはっとすることもあるかもしれません。

家の中で騒いでいるときに、お母さんが大きな声で夜だから静かにしてとおもむろに注意しても、なかなか子どもも言うことを聞いてはくれません。

部屋を暗くして静かにしてお母さんも声のボリュームを落として静かにしようと誘ってみると良いでしょう。子どもも周りの静けさに気が付き、もう静かにする時間だということが分かるようになってくることが期待できます。

また、暗くすることで体内リズムも寝る方向へと誘い、寝付きやすくなるでしょう。寝る時間が来れば部屋を暗くして静かにするということも習慣化すれば、自ずと暗くなると寝るという子どものリズムも整ってくるでしょう。

③ どっちが早く寝れるか競争!寝るときに遊びを取り入れる

子どもは遊びが大好きです。2歳3歳となってくると、どっちが早くできるか競争など、競争ごっこをしている場面を多々見ることがあります。

寝るときになかなか寝てくれない時は、遊びを取り入れてどっちが早く寝れるかという競争などで、眠りに誘ってみると良いでしょう。おしゃべりしたら負けと決めておくと、ゲームをしている間にいつのまにか寝てくれることも出てくるでしょう。

遊びなので子どもも誘いに乗ってきやすく、言うことをなかなか聞いてくれないイライラも軽減される効果をもたらしてくれます。

ゲームスタートと同時に目を閉じ静かにしてくれることも多いので、お母さんの寝かしつけの助けとなることが期待できます。

我慢できずに子どもがしゃべりだしても、しゃべったら負けよと言えばまた静かにしてくれることもあるので、普通に静かにしなさいと注意するよりも遥かに楽な方法と言えるでしょう。

【まとめ】

以上のように、子育て中のお母さんが一日働いて疲れている中、一日の最後の仕事である子供の寝かしつけは、イライラをしないよう習慣化で寝付きやすくする工夫をすると良いでしょう。

毎日同じことをしていれば子どもは学び、習慣化し、身についていくものです。最初はイライラすることも出てくるかもしれませんが、続けて行うことで、子どもの生活リズムも整い、寝かしつけがしやすくなってくるでしょう。

また、遊びが大好きな子どもには、どっちが早く寝れるか競争などの遊びを取り入れることも効果的でしょう。早く寝ないからと言って大きな声で怒ってばかりでは、子どもも刺激になりなかなか寝てくれないという悪循環にもなってしまいがちです。

子どもが騒いでいても一旦落ち着いて、寝る前の行動を促したり、お母さんが静かにしてお手本を見せてあげると子どもも落ち着き眠りにつきやすくなるでしょう。

寝かしつけのイライラを少しでもなくし、疲れた体をお母さんも早く休めたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする