子育て中、2歳児にイライラさせられる時期が絶対やってきます

2歳は魔のイヤイヤ期、第一反抗期と言われております。

赤ちゃんを産んだばかりのママさんにとっては、目の前でぐっすり眠っている可愛らしい子供にイライラさせられることなんてあるの?と思われるでしょうが、あるんです。

人によってはそれが2歳を迎える前に起こることもありえます。

2歳児と母親の間にどんなバトルが勃発するのか、そしてそれをどう乗り越えてきたか、私の実体験をお話します。

①自転車を停める場所は右横?

2歳は自我が芽生えてきて、なんでも自分でやりがたる、自分の思い通りにならないと泣く、そんなことの繰り返しです。

これが1歳の頃だと、おもちゃやお菓子を見せればすぐ気持ちを切り替えて目の前の新しいものに釘付けになってくれたのですが、成長するとそんな小手先の戦法では騙されてくれません。

抱っこして慰めようにも、大きくなった体は抱っこ紐からはみ出すくらいしっかりしているし、暴れたら落としそうになるし、長時間の抱っこは無理です。

家の中ならまだしも、外出先で大泣きされないよう常にご機嫌をとる生活です。

その姿は最早奴隷です。

たまにイヤイヤ期がないという子もいますが、私の子供は2人とも普通にイヤイヤ期に突入しました。

この時期は泣かれたらどうしようと恐れる反面、親が思い通りにいかない子供にイライラさせられる時期でもあります。

それこそ泣く理由は、様々です。

ただ、「ジュースがたくさん飲みたいのにママがダメって言う」くらいで泣くならまだわかるんです。でも、中には「なんでそんなことで泣くの?」と思ってしまうようなくだらないものもあります。

・お出かけする時に自転車じゃなくて、ベビーカーが良い(雨だからベビーカーにカバーをかけて行くしかないのに)

・お出かけする時に枕を持っていきたい(大人用の枕なんて持っていけるわけがない)

・自転車を停める場所が違う(スーパーで入り口に近い駐輪場に停めたら泣かれてしまい、ちょっと間を空けて右横にずれたら泣きやんだ)

・買ってきたお惣菜のパックのテープを自分で開けたかった(開ける前に子供に開封確認をして、やらないっていうから自分で開けたのに泣かれる)

わけのわからない泣きのせいで予定がくるったり、思うように家事ができなかったり、この時期の育児は本当に「なんかの修行?」と思うくらいの苦行です。

イヤイヤ期がない子はよっぽどのレアケースだと思った方が良いです。私も夫も性格が穏やかだから大丈夫~なんて思ってはいけません。

そんなの関係ねえ!ですから。子供のイヤイヤ期は、親のイライラ期でもあると覚悟してください。

②イライラで返すのではなく、スルーで返す!

あまりに泣き叫ぶ我が子を見ていると、「ウチの子ってどこかおかしいんじゃないかしら?」と悩むかもしれません。

特に他のお友達が普通に過ごしているのに自分の子だけ泣いていると、余計心配になります。

でも、他人と比べてはいけません。

お友達だってその時はたまたま泣いていないだけで、家に帰った後や自分の見ていないところで大暴れしているのかもしれないのですから。

とりあえず、泣きスイッチが入ったら「どうして泣くの!」とイライラをぶつけても効果なしです。大声をだしたところで泣き止むわけはなく、ただ自分の体力が消耗するだけです。

家で泣かれたら、放置が良いです。

長女の話ですが、2歳半頃何が理由かは忘れましたが、スイッチが入り30分泣き続けました。その頃はイライラしても無意味だと悟っていたので、あまりに暴れる長女を見て開き直り「動画に撮って親に見せてあげよう」とスマホで撮影したことがあります。

これくらい余裕を持っていられると、イライラも減るのではないでしょうか。

勿論、家で泣いていたから撮影なんてできたわけで、外で泣かれたら他の方の迷惑にならない場所に避難して、嵐が去るのを待つことをおすすめします。

泣くたびにいちいち全力で受け止めていたら、こちらの体力が持ちません。

スルースキルを身につけて、イライラを減らすべしです。

③しつこいくらいの確認が大事

泣きさえしなければ、こちらのイライラも大分抑えることができます。ですから、とにかく泣かれないように、事前に確認できるものは意思確認します。

ベビーカーから降りたくないとごねられる前に「もうお家に着くからベビーカーから降りてくれる?」を何回も言います。

TVを消す前に「この番組終わったらTV消すからね」を、その番組が始まった瞬間から何回も言います。それでも失敗をすることはあるのですが、いきなり「はい、終わり」とかを言われるよりは予告した方がマシな気がします。

④いつかイライラする時期は終わる?

子育てをしていれば、子供が何歳になったってイライラさせられるものです。

2歳はわけのわからないことが理由でイライラさせられる時期であって、思春期を迎えたら「生意気な口をきくようになった」とそれはそれでイライラさせられると思います。

でも、考えてもみてください。

生きている限り、仕事、家族、外出先でイライラさせられることありませんか?イライラさせられることもなくて毎日が楽しい日々です~なんて、そうそうないと思います。イライラの種類が違うだけで、2歳の時期が特別なわけではありません。

私の先輩ママさんが言うには、「2歳の子は急いでる時に限って自分でやるやる!って言ってイライラさせられるけど、小学生になると自分でできるくせに親がやれって言ってもやらないからイライラさせられるよ」だそうです。

子育てにイライラはつきものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする